英語 listening 上達法「聞き取りのコツ」でリスニングを向上

英語の文章はそこそこ読めるし、英語リスニング対策に買った「聞き流し教材」もほとんど暗記できている。それなのに、いざ英語での会話になるとやっぱり「聞き取り」に苦労する。そんな方は、英語でのリスニングスキルを上達させる方法を『間違ってしまっている』のかもしれません。

リスニングを向上させるためには、とにかくたくさん英語を聞くことが大事だと思うでしょうか? ですが、英語を繰り返し聞くだけでリスニングは向上しません。リスニングスキルを本当に上達させようと思うなら、まずは「本当の聞き取りのコツ」を知り、英語の理解を早くするための「正しい練習」が必要なのです。

それでは、その「本当の聞き取りのコツ」とは、何でしょうか? 英語のリスニングスキルを向上させたいと考えている方は、記事の後半で紹介する「英語 Listening 上達法」を実践する前に、まずはしっかりとコツを理解していきましょう(コツを知れば、あとは日々の英語学習だけで効果的に上達していきます)。

スポンサーリンク

1. 英語「聞き取り」のコツ

英語のスピーチや会話をしっかりと聞き取れるようになるには、次の4つのポイントを確実にします。

  1. 英語の「文法構造」に慣れる
  2. 英語の「スピード」に慣れる
  3. 英語の「発音」に慣れる
  4. 意味を「英語のまま」理解する

この4つができていないと、リスニング教材などでたくさんの英語を聞いても「聞き取り」は上達しません。それぞれのポイントを確実に抑えるためのコツを紹介いたしますので、まずはこちらを理解しましょう。

(1)英語の「文法構造」に慣れる

まず、皆さまも良くご存知のとおり、英語と日本語は「文法構造」が大きく異なります。英語のリスニングで日本人の多くの英語初心者がつまづいてしまうポイントの1つめはここです。英語と日本語で「文法構造」が違うことは知っているはずでも、それに慣れることはできていないのが実際ですので、耳から入ってくる英語も「途中から急に」聞き取れなくなってしまうのです。

例えば、誰かがあなたに次のようなことを言い始めたとします。このとき、英語の文法構造のままで理解するための「聞き取り方法」としては、下の日本語のようなイメージで「前から順に解釈」していきます。

I know you’ve been having a hard time…
「この人は知っている、私がずっと大変だったことを…」

もちろん、普通に英文を日本語に翻訳するとしたら、全然違うものになりますよね? きっと意訳という形で日本語にするとしたら、次のような日本語訳が自然でしょう。

I know you’ve been having a hard time…
「あなたが最近とても大変だったことは知っているわ…」

ですが、英語リスニングで大切なことは、目の前で話されている内容を「そのままリアルタイム」で理解することですから、実際に聞き取り能力を向上させたいのなら、英語の「文法構造」のままで解釈をしましょう。

(2)英語の「スピード」に慣れる

英語をしっかりと聞き取るための2つめのポイントは、英語の「自然なスピード」に十分に慣れることです。

日本人が「英語はそこそこ読める」「単語もたくさん知っている」のに『聞き取り』だけ苦手に感じてしまう理由は、まだ『普通の英会話レベルのスピードで英語を処理する能力』が身に付いていないからで、とにかくまずは「自分自身が口に出しながら早口で英語を読める・話せるレベル」になる必要があります。

単語ごとに途切れてしまうような読み方・話し方しかできないのであれば、自然なスピードの英語を聞き取れなくて当たり前です。逆に、早口で英語を読めて話せる方は、リスニングで困ることはありません。つまづくとすれば、ボキャブラリーの不足やコミュニケーション能力の不足といった別の部分のはずです。

少し話がそれてしまいましたが、英語の自然なスピードに慣れるためのコツは主に3つあります。まずは次の3つのことを意識して、英語の早口練習をしてみましょう。

  • I’m や you’re などの省略形を基本とする
  • つまる音「日本語でいう “っ”」は極端に短くする
  • 単語の終わりの子音と次の単語の母音は繋げる

例えば、次の英文を読んでみましょう。上記のコツを理解できるはずです。

I know you’ve been having a hard time…
アイノゥユーヴィンハヴィンガハードゥタァイム…
Why wouldn’t you take a bit of holiday?
ワィウドゥンチュテイカビトォヴオリデイ?

始めはカタカナの部分を見ながらでも良いので、これを早口で言えるようになってください。慣れてくると、どんな英文でも「上の例と同じようなスピード」で読んだり話したりできてきます。なお、自分でカタカナを書いてみるときも「単語と単語の間に空白を書かない」ようにしてみてください。

(3)英語の「発音」に慣れる

3つ目のコツは、カタカナ英語を卒業し、日本語にはない英語の「独特な発音」に慣れることです。さきほどカタカナを使って早口の練習をしましたが、まずはもう1度、同じ例文を見てみましょう。

Why wouldn’t you take a bit of holiday?
ワィウドゥンチュテイカビトォヴオリデイ?

こちらの例文では、カタカナで「なるべく英語に近い発音」を紹介しましたが、やはり完璧ではありません。それは、英語には日本語にはない「独特な発音」がたくさんあるからです。カタカナだけでは、すべてを表現することはできません。例えば、wouldn’t の始めの音は正確にはカタカナの「ウ」ではありません。また、holiday の発音を「オ」で始めている理由も、文中の h で始まる単語は「h」があまり聞こえないからです。

次の文は、文中の「h」がほとんど聞こえなくなる例なので、もっと分かりやすいですね。

I already told him.
アィオゥレディトォルディム.

英語には、他にも「th」や「si」の発音、さらに「rとlの違い」など、日本人を悩ませる「独特な発音」があることは事実です。ですが、重要なポイントさえいくつか慣れてしまえば、あとは怖くありません。こういった日本語にはない「音のルール」を自分で使いこなせるようになれば、耳も自然とそれに慣れてくれます。

リスニング練習の前に、こういった部分をしっかりと理解しておくことが重要なコツなのです。そうすれば、あなたのリスニングスキルもずっと効率よく向上させることができます。

英語「th」の発音、舌の位置までとても分かりやすい動画

(4)意味を「英語のまま」理解する

英語を上手に聞き取るための4つ目のポイントは、日本語で考えず「英語のまま」ピクチャーで理解することです。日本人の英語学習者は、最後のこのコツがなかなかつかめず、リスニングだけではなく「英語全体」が上達しない原因にまでなってしまっています。

特に、1つの英単語にはたくさんの意味があったりしますので、それを日本語で理解しようとするのは無理があります。英語を習い始めたばかりのうちは仕方がありませんが、英単語はフレーズやイディオムと合わせて細かく理解するようにし、自分自身の体験にも紐付けながら「ピクチャー」できるよう心掛けてください。

以下は比較的、英語のまま理解しやすい文ではないでしょうか。今回はカタカナの発音例は書きませんので、ご自身でなるべく早口で読んでみてください。単語の音を繋げるべき部分は、下線を引いておきました。

Shh, look at that blonde guy out there wearing a blue shirt and pink short trousers. Haven’t we seen him somewhere before?

もし「英語のまま」ピクチャーできない英単語やフレーズがある場合は、英語のまま調べてみましょう。

  • 意味(meaning)を検索する
  • 使い方(usage / how to use)を検索する
  • 名詞なら画像検索もしてみる

意味を日本語で検索する癖がついてしまっていると、やはり英語はなかなか上達しません。でも、もし英語で見たり聞いたりしたのであれば、それはその単語やフレーズを「英語のまま理解する絶好のチャンス」です。これからは、英語は英語のままで理解するように習慣づけていきましょう。

ここまでで4つの「英語の聞き取りのコツ」が理解できたら、英語のリスニングスキルが実際に上達していく実感が持てたはずです。ですがそのためには、さらなる練習が必要になりますよ!

2. 実践!英語 Listening 上達法

英語のリスニングスキルを上達させるための練習法

では、リスニングスキルを上達させるための具体的な練習法をお教えしていきます。お伝えした4つのコツをしっかり理解できていることが前提ですが、ここにある練習法を実践すれば、あなたはもう英語 Listening で困ることはなくなるはずです。英語の理解力を早くする「正しい練習」でリスニングを上達させましょう。

(1)スラッシュリーディングで速読する

英語と日本語では「文法構造」が違うことは述べました。リスニングの場合、話を聞き終えるまで待ってからようやく「聞いた文」を理解しようとするのでは間に合いませんから、先頭から「英語の文法構造のまま」で解釈していく必要があるのです。では、どうすれば英語の文法構造に慣れられるでしょうか?

この能力を鍛えるためには、スラッシュリーディングで速読する方法がおすすめです。目に入る英文を細かくスラッシュで区切っていきながら、翻訳するのではなく「解釈」していく感覚を身に付けましょう。初心者の方は、小学生向けの簡単な本などから始めても構いません。とにかく、英語の文を先頭から素早く理解できる能力を鍛えましょう。このトレーニングに慣れてくると、スラッシュで区切らなくてもスラスラ読めるようになるはずです。ただし、この練習法ばかりを実践するのではなく、この先の練習法も組み合わせます。

(2)早口でスピーキングの練習をする

こちらは、英語の自然なスピードに慣れるための練習ですね。始めは「かんたんな英会話フレーズ」を使ってとにかく「自分自身が早口でスピーキングできる」ように練習しましょう。そうすることで、これまで早いと感じていたスピードに慣れ、リスニングで「早くて聞き取れない」といったことがなくなります。

中級者から上級者の方も、インターネットを使って英語のダイアログを探してみましょう。英会話オンライン編集部が1つおすすめしたいサイトは「Agendaweb: Listening – Practical English conversations」です。たくさんの実用的なダイアログが音声付きで用意されており、1つのシチュエーションにつき少しずつ異なる3つの会話がバリエーションとして提供されています。無料ですので、ぜひ上手に活用しましょう。

(3)英語上級者の発音を聞いて真似る

リスニング教材や、他のリスニング上達法をまとめた記事などでは、よく「英語ネイティブの発音」を聞いて真似ることがアドバイスされています。しかし、世の中には非ネイティブの英語上級者もたくさんいますね。ネイティブの人だけではなく、非ネイティブの英語を聞くチャンスも積極的に増やしましょう。

むしろ、英語ネイティブではない「英語上級者」の人の英語の方が、上手い部分と下手な部分がよく分かり、より勉強になることがあります。アジア出身の人、中東出身の人、ヨーロッパ出身の人、アフリカ出身の人、もちろん日本出身の人でも構いません。身の回りにいる英語上級者にレッスンをお願いするのも良いですし、英会話サークルなどで様々なバックグラウンドを持つ人たちと話してみるのも良いでしょう。

(4)英語の字幕を表示して動画を見る

英語で聞いて英語のまま理解するための練習法としては、英語の動画を「英語の字幕を表示して」見る方法がおすすめです。YouTubeTED など、英語の字幕を表示できるサイトは数多くありますので、自分が好きなジャンルの動画を活用しながら「英語のまま意味を把握する」習慣をつけましょう。

また、英語に触れる時間を1日1時間以上しっかりと確保したいなら、長編のドキュメンタリーや世界経済の英語ニュースなどを毎日見ると良いでしょう。超定番の映画や海外ドラマに加えて、BBC ワールドニュースやナショナルジオグラフィックチャンネルまで見放題の「Hulu」は、あらゆる英語学習者にイチオシです。

3. 英語に触れる機会をさらに増やす

さきほど挙げた「英語の字幕を使って動画を見る」ということも「英語に触れる機会を増やせる工夫」の1つですよね。でも、英語の聞き取り能力を劇的に向上させたければ、日常的に英語に触れる機会をもっともっとたくさん作りたいところです。聞き取りのコツをつかめば、英語に触れることが楽しくなりますからね!

英会話オンラインの編集部がおすすめしたい方法は、次の4つです。英会話では、リスニングスキルに加えて対人スキルも磨かなければなりませんので、ぜひ早めに、そして積極的にチャレンジをしてください。

  1. 英語で話せる人を増やす
  2. 英語で考える癖をつける
  3. 英会話レッスンを受ける
  4. 英語初心者と英語で話す

中・上級者になったら、過去の自分と同じように英語を勉強している初心者の方に「英語を話す機会」を提供することもできます。上の4つ目のような機会を「日本人同士でも積極的に作れる人」がもっと増えたなら、日本にも「英語を話せる人」がどんどん増えていきそうですね! 一方、英語初心者の方々も、日本人同士で英語を話すことを決して恥ずかしがらないようにしましょう。

聞き取りのコツと英語 Listening 上達法まとめ

今回は、日本人の英語学習者がつまづきやすい「英語の聞き取り」についてのコツ、英語リスニングスキルを向上させるための上達法を解説しました。さらっと簡単におさらいをしてみます。

★ 英語「聞き取り」のコツ

まずは、あらためて英語の「文法構造」に慣れましょう。これができないと始まりません。そのうえで、次にスピードや発音にも慣れ、英語を英語のままピクチャーできるようにしていきます。ただし、最も肝心なことは、やはり英語の「文法構造」のままでリアルタイムに解釈していくことでしょう。

★ 英語 Listening 上達法

リスニングを上達させるための方法は、たくさん英語を聞くことではありませんでした。英語「聞き取り」のコツをしっかりとマスターするためには、スラッシュリーディングによる速読や、早口スピーキングの練習も取り入れましょう。あとは、英語上級者の発音を真似ながら、日常的により多くの英語に触れてください。

最後に

いかがでしたか? 今回は英語のリスニングスキルを向上させるためのコツを徹底的に紹介いたしました!

当サイト「英会話オンライン」では、日本国内での効率の良い英語上達方法や、オンライン英会話についての役に立つ情報をたくさん発信しています。ご自身の英語学習やレベルアップの体験談を、Webライターとして読者の皆様に共有していただくこともできますので、ご興味がおありの方はぜひご連絡ください。

英会話オンライン編集部
私たち『英会話オンライン』は、2020年東京オリンピックの年の日本を「英語が通じる豊かな国」にすることを本気で応援するメディアです。英会話を上達させたいあらゆる方の役に立つように、日本人の英会話学習に必要なコンテンツを一緒に発信していってくださるWEBライターさん絶賛募集中!
https://eikaiwa.online/wp-content/uploads/listening-skills-improvemet.jpghttps://eikaiwa.online/wp-content/uploads/listening-skills-improvemet-150x150.jpg英会話オンライン編集部英会話習得のコツ英語の文章はそこそこ読めるし、英語リスニング対策に買った「聞き流し教材」もほとんど暗記できている。それなのに、いざ英語での会話になるとやっぱり「聞き取り」に苦労する。そんな方は、英語でのリスニングスキルを上達させる方法を『間違ってしまっている』のかもしれません。リスニングを向上させるためには、とにかくたくさん英語を聞くことが大事だと思うでしょうか? ですが、英語を繰り返し聞くだけでリスニングは向上しません。リスニングスキルを本当に上達させようと思うなら、まずは「本当の聞き取りのコツ」を知り、英語の理解を早くするための「正しい練習」が必要なのです。それでは、その「本当の聞き取りのコツ」とは、何でしょうか? 英語のリスニングスキルを向上させたいと考えている方は、記事の後半で紹介する「英語 Listening 上達法」を実践する前に、まずはしっかりとコツを理解していきましょう(コツを知れば、あとは日々の英語学習だけで効果的に上達していきます)。 1. 英語「聞き取り」のコツ 英語のスピーチや会話をしっかりと聞き取れるようになるには、次の4つのポイントを確実にします。英語の「文法構造」に慣れる 英語の「スピード」に慣れる 英語の「発音」に慣れる 意味を「英語のまま」理解するこの4つができていないと、リスニング教材などでたくさんの英語を聞いても「聞き取り」は上達しません。それぞれのポイントを確実に抑えるためのコツを紹介いたしますので、まずはこちらを理解しましょう。 (1)英語の「文法構造」に慣れる まず、皆さまも良くご存知のとおり、英語と日本語は「文法構造」が大きく異なります。英語のリスニングで日本人の多くの英語初心者がつまづいてしまうポイントの1つめはここです。英語と日本語で「文法構造」が違うことは知っているはずでも、それに慣れることはできていないのが実際ですので、耳から入ってくる英語も「途中から急に」聞き取れなくなってしまうのです。例えば、誰かがあなたに次のようなことを言い始めたとします。このとき、英語の文法構造のままで理解するための「聞き取り方法」としては、下の日本語のようなイメージで「前から順に解釈」していきます。I know you've been having a hard time... 「この人は知っている、私がずっと大変だったことを...」もちろん、普通に英文を日本語に翻訳するとしたら、全然違うものになりますよね? きっと意訳という形で日本語にするとしたら、次のような日本語訳が自然でしょう。I know you've been having a hard time... 「あなたが最近とても大変だったことは知っているわ...」ですが、英語リスニングで大切なことは、目の前で話されている内容を「そのままリアルタイム」で理解することですから、実際に聞き取り能力を向上させたいのなら、英語の「文法構造」のままで解釈をしましょう。 (2)英語の「スピード」に慣れる 英語をしっかりと聞き取るための2つめのポイントは、英語の「自然なスピード」に十分に慣れることです。日本人が「英語はそこそこ読める」「単語もたくさん知っている」のに『聞き取り』だけ苦手に感じてしまう理由は、まだ『普通の英会話レベルのスピードで英語を処理する能力』が身に付いていないからで、とにかくまずは「自分自身が口に出しながら早口で英語を読める・話せるレベル」になる必要があります。単語ごとに途切れてしまうような読み方・話し方しかできないのであれば、自然なスピードの英語を聞き取れなくて当たり前です。逆に、早口で英語を読めて話せる方は、リスニングで困ることはありません。つまづくとすれば、ボキャブラリーの不足やコミュニケーション能力の不足といった別の部分のはずです。少し話がそれてしまいましたが、英語の自然なスピードに慣れるためのコツは主に3つあります。まずは次の3つのことを意識して、英語の早口練習をしてみましょう。I'm や you're などの省略形を基本とする つまる音「日本語でいう 'っ'」は極端に短くする 単語の終わりの子音と次の単語の母音は繋げる例えば、次の英文を読んでみましょう。上記のコツを理解できるはずです。I know you've been having a hard time... アイノゥユーヴィンハヴィンガハードゥタァイム... Why wouldn't you take a bit of holiday? ...英会話学習のおすすめ情報をお届けするサイト