"Would you like (to)" の意味から使い方、完璧な発音をマスターしよう!

英語の “Would you like ~ ?”“Would you like to ~ ?” は、会話の中でとても良く使う表現です。英語を学習されている皆さんは、その意味や使い方の理解に加えて、実際に会話の中で使えるように「発音方法」もマスターしておきたいところですよ!

今回の記事では “Would you like” の意味・使い方を説明したあと、“Would you like ~ ?” から始まる例文、 “What”“How”“would you like” を組み合わせた例文もいくつか紹介し、それぞれの「発音のコツ」も説明していきます。ぜひ最後まで読んでいただき、英会話力の向上に役立ててくださいね。

“would you like” の意味

まずは “Would you like ~ ?” の意味について理解していきましょう。

“like” が入るので「~は好きですか?」の丁寧な表現と思われた方もいるかもしれませんが、正しい意味は「~はいかがですか?」です。この表現は、レストランやお店の店員さんが接客をする場面でよく使います。飲み物やデザート、試着など、何かを「より丁寧に」提案したり勧めたりするときのフレーズですね。

“Would you like ~ ?”
「~はいかがですか?」

上の日本語を見ると「凄く丁寧な意味」でしか使えない感じがしてしまいますが、実は “would you like” は家族や友人、子供などの親しい相手に使われるケースもあります。これは、“Do you want (to) ~ ?” の意味である「~が欲しい? / ~したい?」の丁寧な表現だと考えてください。

“Would you like (to) ~ ?”
「~が欲しい (ですか) ? / ~したい (ですか) ?」

これで “would you like” の意味が分かりましたね。次に、使い方を見てみましょう。

“would you like” のよくある使い方

英語がネイティブの方も “would you like” のフレーズを使用する頻度は意外と高く、日常的に様々な場面で使われているのを耳にします。ここでは、シチュエーション別に “would you like” を使った例文をいくつかご紹介します。

レストランやお店の接客で

"What would you like?" お店やレストランでよく使われます

“What would you like?”
「何になさいますか?」

飲食店での基本形は “What would you like?” です。「何になさいますか?」「ご注文はお決まりですか?」 と言ったニュアンスで使われます。ショップのようなレジで注文するタイプのお店でも同様ですね。

“Would you like your drink with meal or later?”
「お飲み物は食事と一緒ですか、後になさいますか?」

日本でもよく聞かれる内容の質問ですね。答え方は “I would like…” と、全文できっちり返す必要はなく “With meal, please.” もしくは “Later, please.” と言えば OK です。

“Would you like some water?”
「お水はいかがですか?」

こちらも定番のフレーズですね。注いでほしい場合は “Yes, please.” もう要らない場合は “This is fine.”“No thank you.” と答えましょう。

“How would you like your eggs?”
「卵はどのように調理いたしましょうか?」

ステーキの焼き加減と同様、海外では「卵」の調理方法を選ばせてくれる飲食店が結構あります。答え方は、スクランブルエッグ、目玉焼き、オムレツ、ゆで卵などが定番ですが、“How would you like your eggs, scrambled or sunny-side up?” のように向こうの方から聞いてくれることもあります。

なお、こういう質問をされたときは「どっちでもいい」と答えてしまわないようにも注意しましょう。

英語で「どっちでもいい」と言ってしまう日本人は英語が上達しない

家族・友人との会話で

"Would you like some coffee?" は友人同士や家族でも使える

“Would you like some coffee?”
「コーヒー飲む?」

「より丁寧な表現」を家族や友人に使うの?と不思議に感じられるかもしれませんが、実は、レストランでの接客よりも身近で、より頻繁に使われるシチュエーションが、こういった家族・友人との日常会話なんです。

“I’m going shopping. Would you like to come with me?”
「買い物に行くわ。一緒に来る?」

もちろん “Do you want to ~?” と尋ねても問題はありません。ただ、“Would you like ~?” を使った方が、疑問文の中に「一緒に行こう」と誘っている意図が垣間見れます。

“Honey, would you like me to wash the dishes?”
「ハニー、僕が皿洗いしようか?」

“would you like 人 to ~?” は「人に~して欲しいですか?」を意味します。“Do you want me to ~?” でも不自然ではないですが、どこか “やらされている感” が出てしまいます。反対に “Would you like me to ~?” という風に言えば、むしろ自分が率先してやっているニュアンスになるのです。

“would you like” の発音をマスターしよう

“would you like” の意味と使い方が分かったところで、次は、実際に会話の中でも使えるように発音のコツを身に付けましょう。これまでにご紹介してきた例文を使いながら、発音方法の具体例をご紹介します。

“would you like” の発音のコツ

"Would you like" の発音のコツを学ぼう

“would you like” の発音のコツは “would”“you” を繋げて「ウヂュ」と言うことです。

What would you like?
ワルヂュライク?
How would you like your eggs?
ハゥヂュライキョーエグス?
Would you like your drink with meal or later?
ウヂュライキョードゥリンウィズミーロァレイラー?

次の単語と繋げて発音するのは “would” の「d」だけではありません。「d」「t」「k」「g」の子音で発音が終わる単語では、ほとんどの場合、最後までハッキリと発音せず次の単語に繋げます。“water”“later” のように「-ter」の含む単語も「ター」ではなく「ラー」と発音すると、よりネイティブっぽく聞こえますよ。

発音のポイントは強弱とリンキング

英語には、日本語の音やカタカナ読みでは表現できない音があります。ネイティブのように発音するにあたり注意すべき点は2つ ― 音の強弱とリンキングです。リンキングとは、次の単語に発音を繋げることですね。

日本でも聞き慣れたフレーズを例にすると、“I want you.” は「アイウォントユー」と言わず wantyou を繋げて「アイウォンチュー」と言いますよね? また、他にも “I don’t know.” は「アイドントノー」とは言わず、もっと「ト」を弱くして「アイドンノー」と発音します。

英語 Listening 上達法「聞き取りのコツ」がリスニングを向上させる

このように、音に強弱を付けながら「単語の最後の音」をほとんど聞こえなくしたり、次の単語に繋げて発音したりすることで、よりネイティブっぽく発音できるようになります。英語で話すときは、スペルそのものを意識するのではなく、英語らしい発音のコツを意識するようにしましょう。

Would you like some water?
ウヂュライサムウォーラー?

“Would you like” についてのまとめ

"Would you like (to)" の意味から使い方、完璧な発音をマスターしよう!

今回の記事「“would you like” の意味と使い方と完璧な発音をマスターしよう!」はいかがでしたか?

“would you like” は、接客のときに使う「より丁寧な表現」としてだけではなく、家族や友人など身近な人に使うこともでき、そのときは「ちょっとした意味合いの違い」がありましたね。このような意味の違いなどもぜひ理解していただき、それぞれシチュエーションに合わせた使い方ができるようになりましょう。

なお、はじめにも書きましたが、“would you like” は会話の中でとてもよく使われます。自分でも使うことができるように「強弱とリンキング」を使った発音方法も、ぜひ合わせてマスターしておいてくださいね!

清水真美

日韓のハーフ。会ったことのない親戚を頼り15歳で単身渡米、大学卒業までの7年間をカリフォルニアで過ごす。国際交流事業に従事する傍ら塾や英会話教室で保育園児~60代と英語を楽しむ日々。将来の夢は、生きた英語を伝える英会話教室を開くこと。プライベートでは1児の母。実は韓国語より中国語が得意で流行に疎い30代。

https://eikaiwa.online/wp-content/uploads/would-you-like.jpghttps://eikaiwa.online/wp-content/uploads/would-you-like.jpg清水真美英語リーディング英語の 'Would you like ~ ?' や 'Would you like to ~ ?' は、会話の中でとても良く使う表現です。英語を学習されている皆さんは、その意味や使い方の理解に加えて、実際に会話の中で使えるように「発音方法」もマスターしておきたいところですよ!今回の記事では 'Would you like' の意味・使い方を説明したあと、'Would you like ~ ?' から始まる例文、 'What' や 'How' に 'would you like' を組み合わせた例文もいくつか紹介し、それぞれの「発音のコツ」も説明していきます。ぜひ最後まで読んでいただき、英会話力の向上に役立ててくださいね。 'would you like' の意味 まずは 'Would you like ~ ?' の意味について理解していきましょう。'like' が入るので「~は好きですか?」の丁寧な表現と思われた方もいるかもしれませんが、正しい意味は「~はいかがですか?」です。この表現は、レストランやお店の店員さんが接客をする場面でよく使います。飲み物やデザート、試着など、何かを「より丁寧に」提案したり勧めたりするときのフレーズですね。'Would you like ~ ?' 「~はいかがですか?」上の日本語を見ると「凄く丁寧な意味」でしか使えない感じがしてしまいますが、実は 'would you like'...英会話学習のおすすめ情報をお届けするサイト