真の語学力とコミュニケーション能力を身に付けたグローバル人材とは語学力を上げると就職に有利なことは明白ですが、語学力を活かす仕事に就いてグローバルに活躍する人材になるには「コミュニケーション能力」も必要になります。目の前の語学力レベルだけでなく、将来を見据えてコミュニケーションスキルにも磨きをかけておきましょう。

なぜなら今、グローバルな環境で仕事をしたり話をしたりする機会が益々増えてきており、日本国内/海外を問わず「今後は英語力が必要」と言われる時代がこの先も続いていくからです。

語学力の向上=国際コミュニケーション能力の向上ではない

英語力の低さが嘆かれて久しい日本ですが、英語教育の強化が功を奏することもなく、ここ数年のデータでは近隣のアジア諸国から差をつけられている状況にあります。これについての詳しい内容は、オンライン英会話No.1のレアジョブ英会話から、日本人の英語力レベルと課題のインフォグラフィック が公開されています。

日本人の英語力レベルは何位?
出典:レアジョブ英会話

では、なぜ日本人は語学力(ここでは英語)を伸ばすことができないのでしょうか? これについては様々な意見が交わされているので一概には言えませんが、その答えの1つとして、日本人はコミュニケーション能力が低いということが挙げられます。英語の勉強時間が増えたとしても、実際に会話の中で英語を話せるようにならなければ意味がありませんよね? 日本人にはグローバル標準なコミュニケーションの取り方を知らないという致命的な欠点があり、これが語学力向上の妨げにもなっているのです。

コミュニケーション能力に磨きをかけると語学力も向上する

日本人のコミュニケーションの取り方は、周りに同調したり天気や食事内容の事実を述べたりするばかりで、なかなか「自分の意見」を主張することがありません。語学力を伸ばしたい人がこのような調子では、会話をしながら話題の幅を広げていき語彙力を強化するということもできませんよね? 逆に、コミュニケーション能力が高い人はあまり勉強をしなくても英会話のコツを掴み、知らないうちにペラペラ話していたりします。

グローバルに活躍できる「真の語学力」と「コミュニケーション能力」を同時に身に付けるには、語学力から手を付けるのではなく、まず、普段から外国人になったような気持ちでコミュニケーションを取るようにしてみましょう。おすすめの方法は、「日本人らしさを捨てた大胆な気分で英語を話す機会を増やす」ことです。これこそ、語学力を劇的に向上させるための秘訣と言えます。

日本の若者がグローバルな環境に身を置くべきたった1つの理由

今後、日本の若者がもっとグローバルに活躍できるようになるには、なるべく早いうちにグローバルな環境に身を置くべきです。その理由は、実際に海外へ行き経験を積んでいる人たちの言葉にあらわれています。

「何でもいい」という言葉からは、「あなたの考えを尊重します」ではなくてその場を楽しんでいないというイメージをもったらしい。それからは、簡単には「何でもいい」を言わないように気を付けている。なるべく「ボクはこれがいい」「これをしたい」と言うようにしている。外国人とコミュニケーションをとるときは、自分の気持ちや考えを相手にしっかり伝えることが大事だ。
外国人から見た日本人のコミュニケーション。ハッキリ言う人は好印象

必要に応じて「ただ英語で言葉を返しているだけ」では、いつまで経ってもグローバルコミュニケーションのポイントがつかめず、真の語学力を身に付けることはできません。グローバルに活躍できるレベルの語学力を身に付けるには、まず「グローバル方式のコミュニケーションの取り方」に合わせる必要があるのですね。

日本人同士では相手の思っていることを察しながら、はっきりと意見を交わさなくてもコミュニケーションが成立するケースが多くありますが、海外では言葉に出さなければ基本的には誰も察してくれません。
「真のグローバル人材」とは? 鍵は英語力ではなく、意識改革

将来グローバルに活躍したい人は、日本人同士のコミュニケーション方式に慣れてしまう前に、自分の意見を主張したり、大きな声で話したり、挨拶のときには握手やハグやキスをしたりすること にも慣れておくことが望ましいでしょう。いざというとき、海外でコミュニケーションを取るときの「最低限のルール」で戸惑ってしまっているようでは、グローバルに活躍することはむずかしいはずです。

国際標準のコミュニケーション能力を身に付けよう

語学力だけでは上手な国際交流はできない

ここまでで、世界で活躍するグローバル人材になるためには、真の語学力とコミュニケーション能力の両方を身に付ける必要があるとということをお伝えしてきました。例えば、海外留学をして語学学校に通ったけど、結局あまり英語を話せるようにならないまま、普通の生活に戻ってしまったという人は良くいます。語学力を伸ばそうとしてコミュニケーション能力が伸ばせないと、こうなってしまうわけですね。

これは、オンライン英会話を活用して英語を学習中の人にも当てはまります。グローバルな環境で周りの人と同じレベルのコミュニケーションを取れるようになるためには、日本人らしさを捨てて英語に取り組む勇気が大事になります。日常や仕事上の「事実を述べるだけの英会話」を習っているだけでは通用しません。

例えばですが、話しやすい講師を選んで日常英会話ばかり練習している人は、たまには国際ビジネスの経験が豊富な講師を選んでみたり、海外で話題に上がりやすい国際政治について自分の意見を決め、様々な国の講師に意見を伝えてみたりしましょう。国際コミュニケーション能力を伸ばすには、ただ英語を勉強しているだけでは不十分ということが身に染みて分かるはずですよ。

今回のまとめ

英語を話せるようになることだけを目的にしていると、いつか必ず大きな壁にぶつかります。それは、英語でコミュニケーションを取るために必要な「グローバル標準のコミュニケーション作法」が、いつまで経っても身に付かないからです。逆に、コミュニケーション能力が高い人は語学力もどんどん向上します。

これから英語力を伸ばしたい、または、語学力を向上させて将来グローバルに活躍したいという人は、まずは自分が「グローバル標準のコミュニケーション作法」を身に付けられているかどうかを確認してみましょう。真のグローバル人材とは、世界中どこへ行っても自分の力を発揮できる人のことですからね。

今回も長くなってしまいましたが、英会話を学習中の皆さまにとって、何か少しでも活かしてもらえることがあったなら幸いです。もしお役に立てましたら、ぜひ「シェア」してください!

 この記事を書いた人
英会話オンライン編集部

私たち『英会話オンライン』は、2020年東京オリンピックの年の日本を「英語が通じる豊かな国」にすることを本気で応援するメディアです。英会話を上達させたいあらゆる方の役に立つように、日本人の英会話学習に必要なコンテンツを一緒に発信していってくださるWEBライターさん絶賛募集中!