軽やかにジャンプするバックパッカー

You’re supposed to be ~“、”He was supposed to do ~” などの形で、会話中にとてもよく使われる「be supposed to + 動詞原形」の英語表現。今回は、こちらのフレーズの意味と使い方を理解し、会話で使いこなせるようになりましょう!

be supposed to+動詞原形の意味

“be supposed to ~” の意味はイメージで理解すると分かりやすいです。主語や動詞によってイメージする内容は変わりますが、会話に登場する主語(人や物)に対し「(何らかの理由で)~するはずの状態」が別にあることをイメージしましょう。

was supposed to take medicine before the meal.
私、食事の前にお薬を飲まなきゃいけないんだった。
was supposed to finish this three days ago.
私はこれを三日前に終わらせるはずだった。

上記の(何らかの理由で)という部分はあまり重要ではありません。英語の辞書を見ると、

  • 義務/法則/取り決め(ルール)/約束/任務などにより
  • 性質/習慣/運命/自然の法則により
  • 期待に沿うために

など色々と書かれていますが、とにかく「~するはずの状態」がイメージすることが大切です。

be supposed to+動詞原形使い方

supposed to の意味は「~なはず / ~するはず」の別の状態をイメージすると分かりやすい

「~なはず」のイメージで話す使い方

主語(人や物)に対し「~するはずの状態」が別にあることを前提として使いましょう。

Kitten, you’re not supposed to be here.
子猫ちゃん、あなたここに居ちゃいけないのよ。
Today was supposed to have been sunny, but it’s raining.
今日は晴れるはずだったんだけど、雨が降っているわ。
We are already supposed to be on the plane.
私たち、本来ならもう飛行機の上のはずなんだけど。

どうですか? いずれの例文も、あるべき状態をイメージで理解できたでしょうか?

まず前提として「~するはずの(本来の)状態」があり、そのうえで be supposed to が使われています。イメージをあらかじめ共有できているからこそ、その後の会話がスムーズに進むのですね。

「~なはず」のイメージを共有する使い方

Kitten, you're not supposed to be here.

逆に、会話の相手とイメージを共有できていない場合は、その理由について話す(尋ねる)必要があります。

Why?
どうして?

と聞かれてしまった場合は、明らかに「be supposed to」のイメージ を相手と共有できていません。

例えば、子猫ちゃんが「ここ」に居ちゃいけない理由とは、何でしょうか? 外に出られないようにしていたはずの子猫が外に出ているからかも知れませんし、結婚式など場違いの場所にいるからかも知れません。

Kitten, you‘re not supposed to be here because it’s not allowed to have pets in this building.
子猫ちゃん、あなたここに居ちゃいけないのよ。この建物はペット禁止だから。

子猫ちゃんが英語で “Why?” と聞き返してくることは当然ありませんが、なぜ “be supposed to ~” かの理由をあらかじめ説明することが、会話をスムーズに進めるポイントとなります。

「~なはず」のイメージを強調する使い方

【~なはず】のイメージを強調/再確認するときの supposed to

be supposed to がよく使われるもう1つの形として、次のような例文も見てみましょう。

Government is supposed to protect us, right?.
政府は、私たちを守るはずのものでしょう?
I thought Japan is supposed to be one of the most expensive countries in the world for tourists, isn’t it?
日本は観光客にとって世界で最も高い国の1つだと思っていたけど、違うの?

これは、話している相手と「~なはず」のイメージを強調したり再確認したりする使い方です。周知の事実として知られていることに be supposed to を使い、相手の意見を聞き出しましょう。

一方で、自分の中の「認識」と「話の内容」にズレを感じたときは、

 I thought it’s supposed to ~, isn’t it?

のように聞くと、お互いが持つイメージについて再確認することができます。

be supposed to + 動詞原形のまとめ

いかがでしたか? be supposed to の意味と使い方をきちんと理解できると、英会話の様々な場面で使えるようになります。以下のように「~なはず」「~するはず」という状態を作り出している要因は様々ですが、最も大切なことは、話し手が自分自身でその状態をイメージをしているかどうかということです。

  • 義務/法則/取り決め(ルール)/約束/任務などにより
  • 性質/習慣/運命/自然の法則により
  • 期待に沿うために

最後に、もう一度 be supposed to の使い方についてもおさらいしておきましょう。

(前提として)~するはずの状態をイメージとして話す場合
be supposed to + 動詞原形 something (but ~).”

~するはずの状態がイメージとして共有できていない場合
“be supposed to + 動詞原形 something, because ~.”

~なはずの状態のイメージを強調/再確認したい場合
be supposed to + 動詞原形 something, right?”

このフレーズは、会話の中でとても良く使われます。今回の記事も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 この記事を書いた人
英会話オンライン編集部

私たち『英会話オンライン』は、2020年東京オリンピックの年の日本を「英語が通じる豊かな国」にすることを本気で応援するメディアです。英会話を上達させたいあらゆる方の役に立つように、日本人の英会話学習に必要なコンテンツを一緒に発信していってくださるWEBライターさん絶賛募集中!