過去分詞 have been の意味と使い方

英語の have + beenbe 動詞の過去分詞形)には「現在完了形」と「現在完了進行形」の2つがありますが、この have + been のよくある使い方をマスターすれば「英会話」はかなり身近なものになります。

なぜか? Wikipedia によると 英語で最もよく使われる動詞 の1位が be 動詞、2位が have となっていて、2つを組み合わせた have been のフレーズは日常会話からビジネスシーンまで幅広く登場するからです。

そこで今回の記事では、have + been の解説用にたくさん例文をご用意しました。また、ネイティブの発音に近づくための方法もご紹介いたしますので、この機会にぜひ have been の使い方をマスターしましょう!

スポンサーリンク

have + been の最もよくある使い方「継続」

have + been の文法的な説明をしているサイトや参考書はたくさんありますので、分かりやすく、結論だけを言いましょう! have + been の最もよくある使い方は「(過去から)現在までの継続」です。現在完了形での決まったパターン(記事の後半で解説しています)を除けば、細かな違いを気にする必要はありません。

もちろん、厳密に言えば「現在完了形の継続用法」と「現在完了進行形」にも意味の違いはあります。でも、実際に英語を話すとき、そこまで文法を気にすることはありません! まずはたくさんの利用例を見ながら、各状況の「(過去から)現在まで継続していること」を思い浮かべてみてください。

継続を意味する have been の例文集

継続を意味する have been の例文集

ここでは、継続を意味する have been が使われた例文を【基礎編】と【応用編】に分けてご紹介いたします。特に【基礎編】では本当によく使われるフレーズを選びましたので、そのまま覚えてしまってもOKです。

[基礎編]

“It’s been a long time.”
「久しぶりですね。」
“I’ve been very busy lately.”
「最近はとても忙しかったんだ。」
“You’ve been so kind to me.”
「あなたは本当に親切にしてくれました。」
“She’s been waiting for you.”
「彼女はあなたのことをずっと待っていたのです。」
“He’s been in Tokyo for two weeks now.”
「彼はもうかれこれ2週間ほど東京にいます。」
“We’ve been watching TV for almost 5 hours.”
「私たち、もう5時間ほどテレビを見てるよ。」
“They’ve been talking for hours.”
「彼らはもう何時間も話し続けている。」

どれが「現在完了形」で「現在完了進行形」などは深く考えず、何度も繰り返して口に出してみてください。まずは have + been が意味する「現在まで継続している状況」をイメージして話せることが大事です。また、英語の意味も “一語一句” 日本語に直訳するのではなく、イメージで理解したことを意訳してみましょう。

[応用編]

have been の基本の使い方が分かったら、次は応用編にトライしてみましょう。名詞が長くなったり疑問文になったりすると、have been が文の様々なところに出てくるようになります。

“What have you been doing today?”
「今日は(今まで)何をしていたの?」
“Have you been cleaning this room all day?”
「一日中この部屋を掃除していたの?」
“Jack and Suzy have been married for 20 years.”
「ジャックとスージーは結婚して20年になります。」
“Your advice has always been helpful to me.”
「あなたのアドバイスがいつも私の助けになっています。」
“I didn’t know that he’s been absent these days.”
「最近、彼が休んでいるなんて知らなかった。」
“How long have you been dating him?”
「彼とはいつから付き合ってるの?」
“Why couldn’t you tell me the door has been opened?”
「どうしてドアが開きっぱなしってこと教えてくれなかったの?」

the door has been (being) opened では、受動態の現在完了進行形で being が省略されている可能性もあり、文法的な「現在完了形」と「現在完了進行形」の違いを気にすることは無駄だと分かりますね。また日本語に訳す場合にも、文法的にどちらかを判断する必要はありません。基本の意味は「現在までの継続」です。

have been の省略形と発音方法

学校で英文法を習うときや、英語の穴埋めテストでは、分かりやすいように have been や has been と単語は省略せずに使われます。しかし、実際の会話では I’ve beenShe’s been と省略形で使われます。

また、はじめに「have は英語で最もよく使われる動詞2位」というお話を少ししましたが、have + been は本当によく使われる組み合わせですので、以下の省略形の発音方法はぜひマスターしておいてください。

I’ve been(I have been)
「アイ ハヴ ビーン」ではなく「アイヴィン」
You’ve been(You have been)
「ユー ハヴ ビーン」ではなく「ユーヴィン」

と発音できれば完璧ですよ! この英語独特の発音方法は「リンキング」と言い、“Got it!”(了解の意味)を「ゴット イット」と単語1つずつ発音したりせず「ゴディッ」と発音するのが分かりやすい例です。

英語 Listening 上達法「聞き取りのコツ」がリスニングを向上させる

have + been を含むもう1つの例文として、実際によく使われる次のフレーズも見てみましょう。

“I’ve been looking forward to seeing you.”
「あなたにお会いできるのを楽しみにしていました。」

どうですか? 「アイヴィン ルッキンフォワートゥ シーインユー」と発音できましたか? 省略形の部分に限らず、単語と単語の繋ぎ目でも「リンキング」をさせると、よりネイティブっぽく聞こえますよ!

補足1.have been to + 場所

ここから、have + been が「継続」の意味以外でよく使われるケースもご紹介しておきます。いずれの場合も現在完了形になりますが、中でも1つのパターンとして確立しているのがこちら。

“have been to ~”
(~へ行ったことがある/~へ行ってきたところだ)

前者は、現在完了形の「経験用法」ですね。また後者の場合は「完了用法」になりますが、どこか遠い場所や新しくできた場所ではなく、学校や職場など「普段から行く場所」が入るパターンが多いです。しかし、別のもっと簡単な言い方をすることもできますので、わざわざ覚えなくても英語での会話はできます。

“I’ve just been to the post office.”
「私は今ちょうど郵便局に行ってきたところです。」

ただ、経験用法の「have been to + 地名」はぜひ覚えておきましょう。特に初対面の人と話すときなどは、とてもよく使う表現になります。お友達同士でのスモールトークなどでも、大いに活躍するでしょう。

“I’ve been to New Zealand twice.”
「ニュージーランドに2回行ったことがあります。」

been の後に「to + 国名」が続く場合、簡単に経験用法の現在完了形と分かりますね。また、継続を意味する場合の have been と比べると、これまでの人生すべての経験を示す ever, never といった単語や、経験回数を伝えるための once, twice… といった単語がよく一緒に使われるのも特徴です。

「have been to + 場所」フランスに行ったことはありますか?

“Have you ever been to France?”
「フランスに行ったことはありますか?」
“Actually, I’ve never been to Europe.”
「というより、ヨーロッパに行ったことがありません。」

補足2.受動態の現在完了形

こちらも have + been が使われますが、会話中には「have beenbe動詞の過去分詞形)+ 過去分詞形」とあえて複雑な形で言うより、シンプルに過去形でも良い場合が多いです。

“Today’s meeting has been cancelled.”
→ “We cancelled today’s meeting.”
「今日の会議はキャンセルされました。」
“Another scandal has been reported by NHK today.”
→ “NHK reported another scandal today.”
「今日、新たなスキャンダルがNHKにより報道されました。」

もちろん、受動態の過去完了形でしかニュアンスを表現できないケースもあります。

“I’ve never been bitten by a dog.”
「私は犬に噛まれたことはありません。」

ただ、前半にご紹介した「継続」を意味する have been よりは使うことが少ないので、きちんと使えるようになっておいて損はないものの、優先度としては「継続」を意味する have been の方が高いと言えます。

今回のまとめ

いかがでしたか? 今回は、過去分詞の基本である【have been】の使い方を徹底的にご紹介いたしました。よく使われる「継続」を意味する使い方は「現在完了形」か「現在完了進行形」かの違いを気にせず、実際の英会話で「リンキングの発音」を意識しながら have + been の活用に慣れていくことをおすすめします。

また「have been to + 場所」の形で登場する「経験用法」の have been も、非常によく使われる表現です。ぜひ合わせて覚えておきましょう。今回の記事で紹介した例文に加え、ご自身でも have been を使った例文をつくることで、過去分詞形 been の意味と使い方は必ずマスターできるはずです。ぜひこの機会にチャレンジをして、スラスラ英語を話せる「英会話が得意な自分」を手に入れてください!

桐永沙織
福岡出身のライター兼翻訳家。アメリカのマサチューセッツ州で幼少期を、また、カナダのバンクーバーで高校時代を過ごした。TOEIC® スコアは925点、英検準1級の資格も持つ。2016年10月より「eikaiwa.online」初期メンバーとして参加、日常英会話についての様々なお役立ち記事を執筆している。趣味は、カラオケ、読書、ミュージカル鑑賞。
https://eikaiwa.online/wp-content/uploads/have-been-english-usage.jpghttps://eikaiwa.online/wp-content/uploads/have-been-english-usage-150x150.jpg桐永沙織英語リーディング英語の have + been(be 動詞の過去分詞形)には「現在完了形」と「現在完了進行形」の2つがありますが、この have + been のよくある使い方をマスターすれば「英会話」はかなり身近なものになります。なぜか? Wikipedia によると 英語で最もよく使われる動詞 の1位が be 動詞、2位が have となっていて、2つを組み合わせた have been のフレーズは日常会話からビジネスシーンまで幅広く登場するからです。そこで今回の記事では、have + been の解説用にたくさん例文をご用意しました。また、ネイティブの発音に近づくための方法もご紹介いたしますので、この機会にぜひ have been の使い方をマスターしましょう! have + been の最もよくある使い方「継続」 have + been の文法的な説明をしているサイトや参考書はたくさんありますので、分かりやすく、結論だけを言いましょう! have + been の最もよくある使い方は「(過去から)現在までの継続」です。現在完了形での決まったパターン(記事の後半で解説しています)を除けば、細かな違いを気にする必要はありません。もちろん、厳密に言えば「現在完了形の継続用法」と「現在完了進行形」にも意味の違いはあります。でも、実際に英語を話すとき、そこまで文法を気にすることはありません! まずはたくさんの利用例を見ながら、各状況の「(過去から)現在まで継続していること」を思い浮かべてみてください。 継続を意味する have been の例文集ここでは、継続を意味する have been が使われた例文を【基礎編】と【応用編】に分けてご紹介いたします。特に【基礎編】では本当によく使われるフレーズを選びましたので、そのまま覚えてしまってもOKです。'It's been a long time.' 「久しぶりですね。」 'I've been very busy lately.' 「最近はとても忙しかったんだ。」 'You've been so kind to me.' 「あなたは本当に親切にしてくれました。」 'She's been...英会話学習のおすすめ情報をお届けするサイト