iPhone アプリ WhatsApp

いきなりですが、皆さんは WhatsApp や LINE の「ボイスメッセージ機能」をご存知ですか? アプリ上に機能としてはあるものの、そもそも知られていなかったり、あまり浸透していなかったりするイメージが強いのではないでしょうか?

そんな「ボイスメッセージ機能」ですが、実は英語学習をする上でとっても便利なんです!

今日は、英語学習に励まれている皆さんに「ボイスメッセージ機能の便利な使い方」と WhatsApp アプリをおすすめする理由をご紹介していきたいと思います。

1. ボイスメッセージとは?

ボイスメッセージ機能のあるWhatsApp

ボイスメッセージとは『音声データをメールやチャットにのせて送信するサービス』のことです。昔ながらの “留守番電話機能” の簡易版が「メール」や「チャット」のスマホアプリに複合されたものとも言えます。

ですが、電話に出られない相手に対してメッセージを残す “留守番電話機能” とは違い、ボイスメッセージはそもそも「音声でメッセージを伝える」ことを目的としています。流れとしては、音声データを録音してから送信する形になります。

送受信されたボイスメッセージは「いつでも好きなときに再生」できますので、進化したトランシーバー機能のような感じでも使えます。ボイスメッセージ機能のこと、ご理解いただけましたでしょうか?

2. 英語学習に最適な理由

ボイスメッセージ機能が英語学習に最適な理由

ここでは、ボイスメッセージ機能が「英語学習に最適」な理由について、そのメリットとデメリットを含めてご説明していきたいと思います。効率よく英語を学びたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ボイスメッセージを使うメリット

英語学習にボイスメッセージを使うメリットは3つあります。

  1. スピーキングの練習ができる
  2. リスニングの練習ができる
  3. パートナーが発音を直してくれる

つまり、効果的な言語学習に必要とされる

  • アウトプット(スピーキング)
  • インプット(リスニング)
  • +α 発音練習

の3点すべてをバランス良く抑えながら、スキマ時間でさくさくっと学習することが可能なんです。

ボイスメッセージを使うデメリット

正直な所、これといってデメリットは無いと思いますが「日本の方はシャイな方が多い」ので、

  1. ボイスメッセージを送ることが恥ずかしい

という所でしょうか。とはいえ、ビデオチャットのようにお互いの顔を見ながら話すわけではありませんし、ましてや直接会って話すわけでもありません。周りの目さえ気にしなければ、ボイスメッセージ機能を使った英語学習にデメリットは見当たりません!

3. ボイスメッセージを使えるアプリ

ここでは「ボイスメッセージ」を使える無料のアプリを紹介していきます。日本ではボイスメッセージ機能を使っている人は少ない気がしますが、実は、皆さんが普段使用されているアプリでも使うことができます!

(1) LINE

LINE

LINE」はメッセンジャーアプリとして日本国内でNo.1のシェアを誇っているアプリですね。読者の方も、今利用されているスマホにインストールされているのではないでしょうか?

ご存知でなかった方が多いかもしれませんが、実は LINE にもボイスメッセージ機能がついているんです! ただし、英語学習を目的にした場合、LINE を使っている相手を探すことは難しいかもしれません。

(2) WhatsApp

WhatsApp

日本では「LINE」を使っている方が多いため馴染みが薄いかもしれませんが「WhatsApp」はメッセンジャーアプリとして世界No.1のシェアを誇るアプリです。外国籍の友人や取引先がおられる方なら、利用されたことがあるでしょう。

とにかく世界No.1のシェアを誇るアプリですから、海外にいる友人やランゲージエクスチェンジパートナーとは、「Facebook」や「Facebook Messenger」と同じかそれ以上に良く使います。この後にご紹介していく『ボイスメッセージを使った英語学習』を実践するには、WhatsApp をインストールしておきましょう!

(3) HelloTalk

HelloTalk

今や外国語学習者の中ではとても有名な「HelloTalk」。こちらのアプリには課金が必要な機能もありますが、基本的には完全無料でランゲージエクスチェンジパートナーを探すことができ、言語学習を主な目的として「ボイスメッセージ機能を使ったメッセージのやりとり」もアプリの中で可能です。

英語以外の言語も含めて「世界中の外国語学習者」が利用しているので、これからランゲージエクスチェンジパートナーを見つけるという方には、こちらのアプリを利用するのがおすすめです。

それでは、ここからは「ボイスメッセージ」を使った具体的な英語学習の方法をお伝えしていきます。

4. ボイスメッセージ英語学習法

ボイスメッセージを英語学習に利用するメリットに加え、LINE より WhatsAppHelloTalk の海外で人気のアプリを使うべき理由が分かったら、早速、二人三脚で言語学習を行っていく “ランゲージエクスチェンジ(言語交換)パートナー” を見つけましょう!

(1) 言語交換パートナーを探す

今回の記事でおすすめしたいのは、上記で「ボイスメッセージ機能を使えるアプリ」として既にご紹介した『HelloTalk』というアプリです。日本にいながら「海外の日本語学習者」を手っ取り早く探すことが可能で、完全無料で簡単にランゲージエクスチェンジパートナーを見つけられます。他におすすめのウェブサイトは『mylanguageexchange.com』や『italki』があります。

ある程度やり取りをして仲良くなったら、あとは「WhatsApp」を使って友達になることもできます。ただ、中には『HelloTalk』を出会い目的で使っている人もいるようですので、個人的なやり取りはタイミングを見るように気をつけてください。

(2) 英語レベルに関係なく積極的に使う

英語レベルが初級・中級の方の中には、ボイスメッセージを活用する=スピーキング(アウトプット)という前提に、億劫に感じてしまう方もおられるのではないでしょうか?「まだ英語を話せない私には早すぎる」や「もっと英語レベルが高くなってから」などとは考えず、ぜひはじめから積極的に利用してください。

ボイスメッセージを使ったスピーキング練習(アウトプット)では、対話や電話のように会話を続けなくても良いため、むしろ『英語レベル初期段階からできるスピーキング練習として最適』なのです。

ランゲージエクスチェンジパートナーが見つかったら、英語レベル別に「ボイスメッセージ機能」を次のように使ってみましょう。チャットやメールだけでやり取りをするよりも、ずっと実践的な練習になります。

Aさん(上級)
あるテーマに対する意見をボイスメッセージにまとめて送る
Bさん(中級)
予定や今日あった出来事をボイスメッセージにまとめて送る
Cさん(初級)
自分の自己紹介や簡単な質問などをボイスメッセージで送る

はじめはメモを見ながらでも構いません。出来るだけ多くアウトプットできるように活用していきましょう。

(3) ネイティブのパートナーに直して貰う

上記で『ボイスメッセージを使うことにメリット』としても挙げたように、ボイスメッセージは発音練習にもうってつけの機能です。ご自身が送ったボイスメッセージの内容を、ランゲージエクスチェンジパートナーに再度「音読し直して貰う」ことも可能です。

自分の伝えたいことを「実際のネイティブの発音」で聞く事が可能となり、リスニング練習+発音チェックを同時にカバー出来ます。

(4) 単語ではなくフレーズと発音を意識!

英語学習をするうえでは、どのレベルであっても共通して “フレーズのアクセント部位” や “発音” を意識した練習が重要です。せっかく「ボイスメッセージ機能」を使うのですから、単語ではなく出来るだけフレーズでアウトプットしてください。

単語の意味ばかり暗記するより、ずっと効率良く英語力がつきますよ! ネイティブのパートナーがいれば、そのアクセントや発音を聞いて真似することもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は、英語学習に最適なボイスメッセージ機能と、その便利な使い方についてご紹介させていただきました。

言語学習を効率的に行っていくためには「五感を利用すること」が必要不可欠です。これから英語学習の為にランゲージエクスチェンジをされる方は、HelloTalk・WhatsApp・LINE 等のアプリを利用し、ぜひ積極的にボイスメッセージ機能を使用されることをおすすめします。

これまで参考書やチャットのみで英語の勉強をしてきた方も、このボイスメッセージ機能を+αで勉強方法に組み込むことで、どのレベルの方でも学習効率を上げることが出来るはずです。ぜひ試してみてください!

 この記事を書いた人
阿左美 琴乃

現在ドイツ在住のブロガー兼ライター。過去にはオーストラリア・シドニーでのワーキングホリデーで現地企業に勤め、出稼ぎワーホリに成功。ブログではオーストラリア・ドイツのワーキングホリデー情報やオピニオン記事を発信中! 筋トレを生活の一部としてこよなく愛しています。