海外旅行のショッピング(お買い物)で使う基本の英会話表現9選

海外旅行で絶対に外せないのがお買い物ですよね。自分へのご褒美、お友達や家族、会社の方へのお土産など買う物はたくさん! ショッピングで半日以上を使ってしまうなんてことも、珍しくないはずです。今回は、そんなお買い物のシーンで使える「英会話表現」をご紹介いたします。

海外でのショッピングをより楽しく、トラブルなく進めるため、海外旅行でのお買い物をお考えの方は、ぜひ「自分に合った英会話フレーズ」を確認しておきましょう。

1. 入店したらまずは挨拶

日本のお店では店員さんが「いらっしゃいませ」と言っても、素通りしたり会釈をする程度ですが、海外ではお買い物前にしっかりと挨拶をすることがとても大事。お店へ入店したら、むしろ自分の方から、

“Hello. / Hi.”
「こんにちは」

と声を掛けるのが最低限のマナーです。これができないと、その後のコミュニケーションがうまくいかなくても、文句を言う資格はありません! 買うつもりがあってもなくても、挨拶をすることは絶対に必要ですよ。

なお、相手の目を見ながら「笑顔」で言うのがポイントです。英会話の練習も兼ねつつ、気持ちよくお買い物をしましょう!

2. ショッピングでの必須表現

どんなお店に入ってもたいてい言われるのがこちら。

“May I help you?”
「なにかお探しですか?」

このとき、もしなにかを探しているのであれば、

“I’m looking for ~.”
「~を探しています。」

と言いましょう。置物などお土産らしいお土産を探している場合は souvenir、プレゼントなどを探している場合は gift / present と言うと、より伝わりやすいです。

“I’m looking for some souvenirs for my friends.”
「友達のためのお土産を探しています。」

3. オススメを聞いてみよう!

せっかく海外に来たんだから、素敵な物を買って帰りたいなぁ。そんな時は、店員さん(staff)にオススメを聞いてみてはいかがですか?

“Do you have any recommendation? / What do you recommend?”
「オススメはありますか?」

オススメを聞いてみることで、その土地特有の素敵な物に出会えるかもしれません!

4. 試着は必ずひと声かけてから

素敵なファッションアイテムを見つけたけれど、海外だと日本とはサイズ表記が違うこともあるため、やはり試着してみたいですよね。試着をする際は、必ずお店の方へ声を掛けてからにしましょう。

“Can I try this on?”
「試着をしてもいいですか?」

勝手に試着をすると、トラブルなどに発展してしまう可能性もあるため、声掛けは忘れずに!

もしサイズが合わなかった場合は、

“Do you have a smaller one?”
「もう少し小さいのはありますか?」
“Do you have a bigger one?”
「もう少し大きいのはありますか?」

と聞いてみましょう。これでお洋服やバッグのお買い物もバッチリです。

5. この商品が気になる!

気になる商品を見つけた時も、むやみやたらに触らないほうがいいでしょう。ショーケースなどに展示されている物に関しても、お店のスタッフに声を掛けて、取ってもらいましょう。

“Can I see this?”
「これを見せてくれますか?」

せっかくの海外旅行ですから、英会話の練習をするつもりで、店員さんとの会話を楽しむくらいの余裕があると良いですね。また、革製品や宝石を取り扱っているお店などでは、商品を勝手に触らないのがマナーです。

どうしても触ってみたい時は一言、

“Can I touch this?”
「これに触ってもいいですか?」

と聞きましょう。手袋の着用が求められたりする場合もありますのでご注意を!

6. 値切りにチャレンジ!

国によって異なりますが、ショッピングには「値切り交渉」が必要となる場合もあります。ただし海外では、日本人=お金持ち、というイメージを持っている方も多いため、日本人だと分かると「本来より高い価格」を請求されてしまうこともあるそう。ですが、もし(もっと安くならないかな?)と感じたら、

“Can you give me a discount?”
「割引をしてくれませんか?」

と聞いてみてはいかがでしょう?

しかし、値切り交渉ができるのは、一部のお土産屋さんやマーケットなどの限られた場所でのお買い物です。間違っても、デパートや高級ブティックなどで値切り交渉をしないようにしましょう。

7. スマートにお支払い

買うべき商品をすべて選び終えたら、最後に支払いをしましょう。海外では、現金とクレジットカードの2つの支払い方法が主流です。クレジットカードで支払いたい場合は、

“Can I pay by credit card?”
「クレジットカードで払えますか?」

と聞きましょう。地方の小さなお土産屋さんなどはクレジットカードに対応していない場合もありますので、その時は現金で支払います。

特定のクレジットカード会社で支払えるかどうかを聞きたい場合は、

“Can I pay by VISA?”
「VISAで払えますか?」

と聞きます。VISA の部分を Master Card や JCB など、聞きたいクレジットカード会社に変更すればOK!

海外ショッピングではつい買い過ぎてしまうこともあるため、自分がいくら使ったかをあとで把握したい方はレシートをもらえるようお願いしましょう。

“Can I have a receipt please?”
「レシートをいただけますか?」

なお、海外のお店では、レシートを日本のように手渡しではなく、購入した商品と一緒に袋の中に入れる習慣もありますよ。

8. プレゼント用の包装は?

人へのお土産やプレゼントなどは特別な包装をしてほしいですよね。そんな時に使える表現はこちら。

“Could you gift wrap this?”
「プレゼント用に包んでもらえますか?」

ただ、海外のお店では簡易的な包装のみをおこなっているところも多いです。近年は、環境への配慮からかもしれませんね。残念ながらプレゼント包装は対応していないお店もあるかもしれませんが、聞いてみる価値はあるでしょう。

また、ばらまき用のお土産をたくさん買ってしまった時に、プレゼント用に包むほどではないけれど、個別の袋が欲しいなぁ、なんてことはありませんか? そんな時は、

“Can I have extra bags?”
「余分に袋をいただけますか?」

と聞いてみましょう。もし必要な数が分かるのであれば、枚数も言えるとさらにグッド! 例えば、5枚余分に欲しければ、”Can I have five extra bags?” と聞きましょう。

9. 店員さんへさよならの挨拶

さて、支払いも済み、お土産用の袋も充分にもらったので、あとはお店を出るだけ! と思った方、ちょっと待ってください! レジを担当してくれた店員さんにこう言ってみてはいかがでしょう?

“Thank you. Have a nice day!”
「ありがとう。いい一日を!」

“Have a nice day.” は、旅行中だけでなく、人と別れる時によく使われる日常の英会話表現です。大抵の場合は day で大丈夫ですが、夜遅くに買い物をした場合は、night(夜)に言いかえましょう。

もし、店員さんから先に言われてしまった場合は、

“You too. Bye-bye.”
「あなたもね、さよなら」

と返せればバッチリです。

お買い物の英会話のまとめ

さて、今回は海外旅行のショッピングでよく使う英語表現をまとめてご紹介いたしました。観光地では店員も旅行客の対応に慣れているため、少しくらい失敗してしまっても大丈夫! 大事なのは、相手の目をしっかり見ることと、英会話でのコミュニケーションにチャレンジする心です。お買い物を気持ち良く楽しむためにもぜひ勇気を出して、店員さんと笑顔で会話してみましょうね! Have a nice shopping!

 この記事を書いた人
桐永沙織

福岡出身のライター兼翻訳家。アメリカのマサチューセッツ州で幼少期を、また、カナダのバンクーバーで高校時代を過ごした。TOEIC® スコアは925点、英検準1級の資格も持つ。2016年10月より「eikaiwa.online」初期メンバーとして参加、日常英会話についての様々なお役立ち記事を執筆している。趣味は、カラオケ、読書、ミュージカル鑑賞。