しかし、それでも、にもかかわらずを英語で正しく表現するポイント

英語には「しかし」「それでも」「にもかかわらず」などの『逆接』を表す言葉がたくさんあります。今回はプレゼンテーションや英語論文など「話を論理的に組み立てるとき」に『反論』や『否定』の意味で補われる6つの代表的な『逆接表現』の使い方を例文と共にご紹介します。

1. 英語の逆接の基本 but

逆接の接続詞

意味:しかし、でも、けれども、だが

but は1番シンプルで使用率の高い逆接です。「しかし」「でも」「けれども」「だが」などの日本語とほぼ同じように『2つの相反する文』を対比させるのに使います。この but はカジュアルな印象が強いので、口語体の構文に向いています。文語体でも使いますが、その際は注意すべきことがあります。

口語の but の使い方

口語体で but を使う場合、but が「文頭」にきても特に問題ありません。

A: Hey, would you like to go to the concert with us?
ねぇ、私たちとこのコンサートに行かない?
B: Nah, I’m out.
いやぁ、私はやめとく。
A: Alright. But why? I remember you said you liked this artist.
わかった。でもなんで? あなたがこのアーティスト好きだって言ってたの覚えてるよ。
B: I said so. But I’m saving money for a trip right now.
言ったよ。でも今旅行のためにお金貯めてるんだよね。

文語の but の使い方

文語体でも but は使いますが、フォーマルな文語表現では but は文頭には使わず、相反する2つの文の間に「通常はカンマを前に置いて」使います

The number of suicides has decreased gradually, but the number of people who are suffering from depression has not changed.
自殺者数は徐々に減少したが、うつ病に苦しむ人の数は変わっていない。

もし「カンマなし」の状態で添削をお願いすると、このような部分もしっかり修正されます。口語のときには気にしなくて良いことですが、文語で but を使うときは上のポイントに気をつけましょう。

なお、どうしても「文頭で逆接表現を使いたい」ときは、後ほど紹介する however を参考にしてください。

2. フォーマルな印象の yet

逆接の接続詞

意味:だが、それなのに、それでも

yet は意味がとても多く、副詞の「まだ」(否定文の「まだ〜ない」)の用法をイメージされる方が多いかと思います。ですが、実は yet も上記のように but と近い逆接の意味で使うことができます。

逆接の yet の使い方

逆接の yetbut よりもかしこまった印象があり、フォーマルな構文によく合う単語です。

使い方は前述の but とよく似ていて、文語表現で「文頭」に置くとやはり文法的に誤りとなります。文中で文を繋ぐ位置に「カンマ」を置いてから yet を使いましょう。

The study illustrates that his theory is consistent, yet it still needs further verifications.
この研究は彼の論説が首尾一貫していることを示したが、さらなる検証をまだ必要としている。

上記例文の yet it still … のように still と組み合わせたり、and yet … のように and と組み合わせたり、but と比べると「否定」や「反論」を述べる2つ目の文を「より強調しやすい」ことも特徴です。

I know it’s not so easy, and yet I don’t want to give up.
そんなに簡単じゃないことは分かっている、それでも私は諦めたくない。

3. 文頭にも置ける however

逆接の接続詞

意味:しかしながら、けれども

however はフォーマルな接続副詞で、かしこまった文章によく使います。英語論文に使えるかなり文語的な表現ではありますが、プレゼンテーションやスピーチの場で「堅めの話し言葉」としても使えます。

文頭のしかしの英訳に最適

また、however は副詞なので but とは違い、フォーマルな構文の文頭にも使えます。そのため、論文などで「しかし」の逆接を『文頭』に使っている日本語文を英訳するときは however を使うと良いでしょう。

なお、英語での副詞の後にはコンマを入れます。ですから、however を文中で使う場合は「コンマで両側を囲む形」になりますので、こちらは使い方のポイントとしてぜひ抑えておきましょう。

However, the graph shows an inequality.
しかしながら、このグラフは不平等を示している 。
The government warred against poverty, however, people are still suffering.
政府は貧困と戦ったが、人々は未だに苦しんでいる。

4. さらに堅い nevertheless

逆接の接続詞

意味:それにもかかわらず、それでも

nevertheless はかなりフォーマルな接続副詞で、使い方は however に似ていますがさらに堅い印象です。論文、報告書、契約書などの文章で、文頭によく使われます

Nevertheless, the population continues to increase in those areas.
それにもかかわらず、それらの地域では人口が増え続ける。

5. though を含む3つの表現

逆接の接続詞

この3つの形がよく似た接続詞は「〜ではあるが、〜であった」などの反論、または譲歩の意味で使います。

although と even though

意味:〜であるが、〜だけれども、〜とはいえ

althougheven though の違いはほとんどありませんが、even though の方がより強調を強くした表現と言えるでしょう。どちらも文頭に使うことが大半ですが、文中に使うこともできます

なお、文頭に使う場合には「〜にもかかわらず」を意味する側の文節に「コンマ」を置いて区切ります。文を入れ替えて文中に although/even though を使う場合は、コンマは要りません。

Although/even though the discussion got heated, no solution was found.
(No solution was found although/even though the discussion got heated.)
討論は激しさを増したが、なんの解決策も出なかった。

カジュアルな though の使い方

意味:〜だけれども、〜にもかかわらず、もっとも〜だが

thoughalthough/even though と比べると、意味は同じでもカジュアルな表現になります。口語体でよく使い、フォーマルな文語体ではあまり使いません。カジュアルなので、文頭でも文中でも使えます

I repaired the door, though my brother broke it.
私がそのドアを修理した、もっとも私の兄がそれを壊したのだが。

副詞の意味「〜けど」もあります。かなりカジュアルな口語的表現です。

I was having cold last night. I recovered already, though.
昨日風邪ひいてたんだよね。もう治ったけどさ。

6. 前置きの内容を強調する逆接

逆接の接続詞

意味:〜にもかかわらず

in spite ofdespite に意味と使い方の違いはほとんどなく、その文節の反論や否定へと内容を導きます。ただし、これまでに紹介してきた逆接表現と比べると「前置きの内容を強調する」ことがポイントです。

In spite of what had happend to him, people kept calm and working.
彼に起こったその出来事にもかかわらず、人々は冷静なまま働き続けた。
Despite all the efforts she made, the kitten didn’t make it to survive.
彼女の捧げたそのすべての努力にもかかわらず、その子猫は生き延びられなかった。

使い方ですが、in spite ofdespite の後には原則として「名詞または動名詞」が来ます。とはいえ、この「名詞または動名詞」の部分は修飾によってしばしばとても長くなります。また、in spite ofdespite を文中に使う場合ですが、althougheven though を文中に使うときと同様にコンマは不要になります。

In spite of the government’s effort to invigorate local communities, young people are leaving rural areas.
政府の地域活性化の取り組みにもかかわらず、若者は地方を離れている。
Despite the fact that he became rich and famous very young, he made a terrible mistake.
若くしてお金持ちになり有名になったにもかかわらず、彼はとんでもない過ちを犯してしまった。

逆接の英語表現まとめ

逆接の接続詞

今回は、英語の「しかし」「それでも」「にもかかわらず」を表す『逆接表現』をご紹介しました。

  1. but
  2. yet / yet it still / and yet
  3. however
  4. neverthless
  5. although / even though / though
  6. in spite of / despite

英語論文などを書く際には「同じ逆接表現」を繰り返し使うのではなく、いくつかのバリエーションをつけて表現した方が文章のレベルは上がります。英語で文章を書く際の参考にしていただければ幸いです。

 この記事を書いた人
渡邉 希望

東京の演劇大学を卒業した後、京都の外国語大学へ編入し国際関係学を専攻 。アイルランド・ダブリンの大学に留学し、メディアコミュニケーションを学ぶ。その際にアカデミックな英語を勉強。IELTS 7.0 取得。大学留学中にヨーロッパやアフリカの様々な国を訪れ、旅の魅力に目覚める。